自分に合う看護師の職場 クリニック

看護師

街の各地にあるクリニックは、看護師の間では人気の勤務先です。 夜勤が無かったり、休みがきちんと決まっていて大変働きやすい 環境だと喜ばれます。

しかし、クリニックだからこその問題も多くあるようで、 職場環境や雇用条件などでトラブルも多く起こります。

人気のクリニックの看護師求人で働くには様々なメリットがあります。 やはり夜勤が無い、日祝日が休みということが 一番の魅力だと思います。

これなら家庭を持っている看護師でも勤務しやすい環境ですね。 夜勤や休日出勤のある病院で特別に希望を出す場合、 肩身の狭い思いをします。その点クリニックなら夜勤無し、 日祝日休みと決まっているので安心です。

また、アットホームな職場を好まれる方にもぴったりです。 クリニックの規模により差はありますが、職員の人数が少なく、 その中でも看護師は数名の場合がほとんどです。

自宅の近くのクリニックなら、従業員、患者、医師などの距離が 大変近く、和やかに勤務することができるでしょう。

ではクリニックでのデメリットはどんなことがあると思いますか? 一番多いのが院長との折り合いが悪い場合です。 院長との相性が悪かった場合は、精神的にも勤務を続けることが 苦痛になってくるでしょう。

クリニックは大規模病院よりも医師と看護師の距離が大変 近くなります。話をする機会も多く、往診などを 行っている場合は院長と二人で出掛かることも必要です。

また、院長だけでなく従業員との人間関係も重要です。 少人数のクリニックでは特に、人間関係で揉めた場合 勤務を続けるのが厳しくなる場合があるでしょう。 職場の雰囲気になじめなかったときなどは 大変仕事がしにくくなってきます。

仕事をするにあたって、給与やボーナスは一番の楽しみですね。 しかしクリニックでは楽しみであるボーナスが出ない場合があるのです。賞与有りという求人で勤務を始めたとしても、経営状態がよく無いといわれボーナスが出ない場合もあるため、退職する方もいるようです。

人気のクリニックにもやはりメリット、デメリットがあります。 求職活動の際は、希望する病院をじっくり調べてみると良いですね。
独立行政法人国立病院機構 愛媛医療センター

自分に合う看護師の転職先 訪問看護

高齢化により訪問介護サービスを利用する方が増えてきました。 看護師の仕事である訪問看護のニーズも大変多くなり、 これからも必要とされていく仕事と言えるでしょう。

そんな訪問看護の仕事はどのようなメリット、 デメリットがあるのでしょうか。

訪問看護は看護師が利用者の自宅に伺い、医療ケアを行います。 先のように大変ニーズが多くなっていますが、病院などでの勤務 とは業務内容や対応の仕方が違うため、なかなか難しい仕事です。

看護の仕事に就くに当たり、患者さんと親密に関わりたいと 思われる方は訪問看護の仕事をしてみるのも良いかと思います。 毎回同じ利用者さんとご家族とのかかわりとなるため、利用者の 体調などをしっかり把握することが必要な仕事になります。

また、看護師が主として働くことの出来る仕事も訪問看護です。 特に訪問看護ステーションは、看護師が運営していますので より魅力的ですね。

急な残業が無いのもメリットでしょう。 訪問する時間が毎回決まっており、時間内に仕事をするのも 重要になりますので、残業はほとんど無いところが多いです。

また、訪問看護の仕事は長く続けることでスキルアップができます。 日勤のみでスキルをあげることができるのは大変嬉しいですね。

そんな訪問看護もデメリットがあります。 まずあげられることが、業務内容が多いということでしょうか。

利用者宅へ伺い決められた時間の中で決められたケアを行い、 利用者や家族とのコミュニケーションをはかり、 更には事業所に帰っても事務仕事が必要です。

管理者等が変わった場合などは方針がガラッと変わる場合が多く、 それに伴い考え方が合わずに退職する方も少なくありません。

そして職員同士の人間関係も必要です。 訪問看護は外に出て行う仕事のため、あまり人間関係は関係ない ように思いますが、情報の共有ができないと仕事に支障がきたす 場合が出てきます。

そして、中には様々な理由で経営不振に至る場合もあるため 需要がある分野だから全く心配ないということは無いようです。

訪問看護の仕事は個々のペースで行えるものの、 時間や業務に追われる大変な仕事と言えるでしょう。 訪問看護をはじめようと思われる方はどのような事業所で どのような勤務なのかをきちんと確認することをお勧めいたします。

自分に合う看護師の転職先 介護施設

介護施設の求人は大変多くあります。 今後も更に介護施設は増えると思われ、そういった施設での 仕事も需要が増えてくるでしょう。

施設での勤務は急性期の病棟などとは違います。 これから介護施設での勤務をする場合の参考になるように 施設での勤務の特徴などをまとめました。

施設での仕事は、比較的ゆっくりとしたペースで利用者との 関わりがもてます。高齢者が長期に入居する施設が多いため、 より親密に看護業務を行うことができるでしょう。

また施設では介護師は多く勤務していますが、看護師の人数は 少人数という場合が多いです。病院などのように看護師間での 揉め事が少ないことも嬉しいですね。

出産や結婚などでブランクがある方にもお勧めできる業務と 言えます。最先端の医療や急性期患者と関わることが無く、 介護施設での業務は、利用者の状態の経過観察がメインとなる 仕事です。

そして日勤のみの仕事が多いというのも利点ですね。 中には夜勤のある施設もありますが、 オンコールが鳴るくらいだと思ってよいでしょう。

また介護施設での勤務が合わない場合の原因は どんなものがあるでしょう。

経過観察の仕事の中でもやはり人間関係が原因のことが 多いようです。特に介護師さんから様々な指示をされる事が あるようで、それが我慢できずに退職する場合があるようです。

どんな職場でも同じですが、人間関係を良くしておくことが 一番重要だと言えます。

そして夜勤が無いとはいえオンコールが大変多いということも デメリットになるようです。病院系の福祉施設の場合は 特にそういうことは無いようですが、 民間の小さな施設や有料老人ホームなどの場合 毎日オンコールがあるという場合もあります。

精神的にも肉体的にも疲労がたまり、 退職してしまうといった場合も多いようです。

そしてやはり、経営者が変わった場合や経営方針が変わった 場合に業務内容が納得いかなくなり不満が出てくるようです。 これは介護保険の報酬改定などがよくあるため、 運営方針や経営者の交代も仕方ないのかもしれません。

このように介護施設での問題は様々ですが、 より自分にあった介護師の仕事を見つけるために、 新しい現場で働いてみるのも良いかもしれませんね。

このページの先頭へ